どんどん大きくなる視点

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億3000万人のけんこうを守る

木田ちゃんです

エアロビクスや、ダンス系エクササイズのレッスン指導を
主に数年活動してきて
それだけでは

身体をいい状態に保つことに

限界があるのではないか・・

と感じ、ある時期からコンディショニングに
力を入れるようになり、

 

楽しむフィットネスと

生きるための身体づくりのフィットネスの二つが
うまく共存しなくては・・
と感じるようになりました。

まずは自分がそれを実践し
実際に提供する

だから私も比較的昔よりからだの痛み
等はなくなりました

 

もちろん年齢は重ねているので
たまに無理しちゃって疲れが出るときはあります・・・(笑)

 

痛み・・・等は、なくなりました。

苫小牧はフィットネスクラブ的な施設が
3~4店舗

民間委託されている
公共施設なども入れてスタジオグループレッスン
をしている施設・・。

私は昔全部の店舗でレッスンしていました。

一日5レッスンくらい・・

激しいものばかり・・・

全店舗をはしごしてくださる方もいましたが
これはよくないと思い、

私自身がレッスン内容を見直し、

バランスを考えた組み合わせにしました。
これ、もしかしたら

 

私はエアロビクスが大好きだから
エアロビクスだけたくさんやる!

 

のままだったら
それを望んでる方はうれしいかもしれないけど

やりすぎちゃってからだこわさせちゃうかも・・
と感じました

 

私は皆様にフィットネスを通して
人生を豊かにしてもらいたい

そのための様々な手段を提供する

のが使命なので

1つだけをガンガンやるのではなく、それは
それが得意でそれを突き抜ける人がやっていくのが
いいとおもっています。

 

あくまで、わたしはバランスよく、。

 

今、自分のスタジオでパーソナルトレーニングなども
行っていますが

病院、治療院では改善しきれなかった・・・

自分でもうあきらめていた・・

痛みといつまでも付き合わなければいけないと思った

 

そんな声を聴いてしまうと
もっと私たち運動指導者ができること
やるべきことって

運動処方であるんじゃないかな~

 

と思ってしまいます。

今まで
フィットネスクラブの中の特化したブログラムに
参加していただいている方に対しての

アプローチしかしていなかった・・・

 

だけど、外を見ていると

 

やらなくてはいけないこと、
出来そうなこと・・は多々あるんです。。

それは一見、華やかではないのかもしれません

 

ステージ上で音と光に照らされて

大歓声を浴びて
何百人の前で

自分らしさを披露する。。

そことはもしかしたら相反する・・・。

私は自分の中ではそこも経験させていただけました。
日本でも、海外でも、
何百人にも
うまいか下手かは別として

華やかなところを見てきました。

そこを経験させていただけたお陰で、

この先を考えた時、また、目の前だけじゃなく、
見えていなかった部分に目を向ける
努力をしたら

 

やるべきことがたくさん出てきたんです。

きっとこれは
いろいろ経験できたから気づけたこと。。

 

先日の金子智恵先生との会話、

そして、本間ともあきグランドマスターとの
会話の中で

今の自分が何をすべきか・・・を

改めて再確認したところでもあります。

ヒトにはそれぞれ役割があって
何がいい悪いではなく

その人がやれることは全力でやるべき

 

信じてやり続けたらきっとちゃんと実ってくる

 

スポルテックで桂さんともお会いしたときに
お話しました。

トレーナーや治療家だけが高度技術者であるべきではなく
私は大人数を同時に導く

グループエクササイズインストラクターも

もう少し知識を学んで終わるのではなく
そこが生きるような、
活かせられるような

学びを提供していかなくてはいけない

 

だけどきっとグループエクササイズインストラクターが
トレーナーや治療家の勉強会に行くのは

ハードルが高い・・

 

実際に私は最初から臆することなく参加していますが

 

毎回・・高い壁を感じているのが事実です。。。
名前だけでわけわかんなくなります・・

 

だけど
これはマイナスは何もない・・
と毎回懲りずに参加し続けている結果

 

レッスンの中でお客様を見抜き、
導くインストラクションができるようになってきました

きっと学んでいないとこれは自然にできない・・

 

その大切さを今まで訴えてインストラクター向けに
ワークショップをしたりしましたが、
悔しい想いをしたり、

いろいろ言われたりしました。。。

プライドとか捨てて
学びたいと思ったらみんなで一緒に高めあいたい

そう思うんですが
まあ、いろんな方がいるので

うぅぅぅ~と悔しくもなる・・。

指導者が動かないなら
直接お客様に知っておらおうと
身体の使い方ワークショップを4年前からスタートしました。

これはとても好評です。
今でもリクエストいただきます。

そして私もまた学びを深め

やはり同じ意識を持つ指導者の学びを
高めるべき

 

と改めて今思い始めています

そう背中を押してくださったのが
金子先生と本間先生です

キダからなんて学びたくない・・そんな声、
あるのもわかります(笑)

アンチなんてたくさんいて当然・・・。

だけど悪いことしてない!

 

私は日本国民1億3000万人の健康を守りたくて
今まで学んだり
研究したりして、来ています

身に着けた知識、感覚は一人占めする気はなく
自分以外のヒトの手に渡り

更にいいものになって広まっていくのが本望です。

最初はここまで視野が大きくなるなんて
考えていませんでした・・。

ですが行動し、経験が増えていくたびに
視点が増え、視野が広がりました。。。

だからそんな思いに共感していただける方とは
積極的につながり

どんどん動いていきたいです。

 

見ようとしていないものは、見えてこない・・・

ですから(笑)

 

 


柱を3本は持つ

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

まだまだ身体の疲れが取れず・・(笑)

それだけ体力気力使った証拠

 

命を懸けるってこうゆうことですね(^^♪
生きてる!活かされている!

私たちのブースの後ろが選手控室、更衣室的な感じで・・
スポルテック3日間

・サマースタイルアワード
・お尻ぷりぷりコンテスト(名前わからなかった(;’∀’))
・ボディビル選手権
・ダンスフィットネスコンテスト
・武道の発表会

をやっていて

その選手が出入りしていました。

何かに挑戦するってホントに素晴らしいこと

 

 

皆さんの、ぴりぴりした雰囲気や
準備している姿がものすごく印象に残っています。

私も3年前までコンテスト出ていましたが、
コンテストは何か?ということを理解できたので

もう次に進みました。

百聞は一見にしかず

で、

コンテスト批難する声もあったり・・
コンテストが目標だったり・・・

いろんな見え方捉え方があるんだな・・

と感じました

もうこれって答えはなくて

その方が

どう在りたいか

 

に尽きるなと。

コンテストに出てどうしたいか・・

そこで得た結果に対してどう・・ではなく
そこでの経験をその後にどう生かすか・・

 

その人の目的がコンテストで結果を残すために
日々を頑張っている

有名になりたいから
日々を頑張っている

有名になって全国を飛び回りたいから
コンテストで結果を狙う

 

健康になる人を増やすために
運動していない方たちに運動を促すような
取り組みをしたいけど、

まだ自分には影響力がない・・
発信力もない・・
だから自分の存在を知ってもらって、
沢山知識を得て
沢山経験して、
活かすために

コンテストに参加する

 

でも

何でもいい。

全て間違いではないと思います。

 

私も最初、コンテストからスタートしたので
コンテストでの結果と
それに対してその後どう活動するかは

大きくその後の人生を変えることを知っています

 

何でもそうだけど

経験は絶対無駄じゃない

だけど、
経験したことを活かさないと

ただやっただけになっちゃう・・

 

それを感じます。

そして一つだけのことを追求していくのもいいけど

いろんな知識だったり
いろんな経験が
その人を作り、

 

それが、その人の人となりになって
言霊になって口から出ていく

何かを誰かに伝える時
1つしかない知識ではなく
沢山の知識、たくさんの経験が

みんなに届きやすくなる

困った人がいたときに、助けてあげやすくなる

 

生きているうちにいろんなこと経験し

自分の中に3本の柱をつくる

 

これが目標

柱のそれぞれが高くなると
他の柱も高くなる

柱をどんどん作っていこう

どんどん挑戦して、どんどん道を見つけていこう!

 

トロフィー持っただけで

おめでとうの賛辞✨✨

ありがとうございます✨✨✨笑

生きる力にします!

 

 

 

 

 

 

 


一人はみんなのために・・みんなは一人のためにではない

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

スポルテック2019に

からだワーク協会が初出展しました。

からだワーク協会のメンバーは
4年目に入り、より洗練された仲間が
今のチームを作っています。

 

会社ではありません。

なのでトップダウン方式ではない

もちろん最初は何もないところからスタートしたので
こうしてみてほしいということに対して
まずはそのまま

やってみる

 

できないようなこともやってみる

一度やってみたらそこからケーススタディが生まれ
気付きが生まれ

何が必要か、
何をしていくべきが見えてくる

 

そこへのたくさんのハードルを
越えられず、マッチしなくて違う道を
進んでいく人たちもいました

 

その人たちは消していけないわけではなく

ただ進む道が違うだけ。
より自分に合う道を選んで次に進んで
行きました。

私たちがそこでできるのは次の道を応援すること。

 

今のこっているメンバー

特に初期からのマスタートレーナー
今のグランドマスター陣は

ここに至るまでたくさんの波を越えてきました

何回泣いて、何回辞めると言って

何回、笑って

何回励まして

 

私は最初のころ・・・ものすごい雨、やり、風、を
うけた・・・今ではいい思い出です

 

 

それが自分の役割だから。。。
と腹を決めていました。

昔、
イタリアに行ったときに
ある方に

貴方はジャンヌダルクね

と言われたことがありました。

 

最後は民衆のために
自分を武装し、先頭に立ち、進み
最後は火あぶりの刑に処されたジャンヌダルク

そんな自分の役割というのを
みんなそれぞれが感じ、

 

そこをみんなで認め合い、
相手を信じ、委ねる

それができ始めたのはこの半年くらい

 

そこから、なんだかみんながより一つになり
動き始めていました。

からだバー®は特に何もなかったので
作る作業にものすごい知識と労力を注ぎました

それをみんなが納得するように

理解できるように
実践に実践を繰り返し、
理論をつけ、

ヒトの手に渡るようにしました。

そうしたものを言葉にし、
文字にし、
計画を立て、

世に出す・・

 

そこをがっちり行っていただいたのは
山田代表

どちらか一方だけが頑張ってもダメ

どちらもそれぞれが役割を自覚し
全うすることで
他の方も使えるものになる

他の人に渡ると更に素晴らしい形に変わる

 

その過程を見てきたこの3年

 

スポルテックの出展が決まり
ぎりぎりの準備でみんなワタワタでした。

私は以前ラディカルの方でブース出展のお手伝いを
していたことがあり、

どんなものかを知っていたので、

初参加の方たちの不安をぬぐうために
人肌脱ぐ覚悟を決めました。

 

ブースの雰囲気は外から見たらすぐに伝わる

ブース内よくないものは

ブースの外から見たもよくない

 

ブース内が一つになっていたら
ブースの外から見ても

一体感があるものになる

私はまずチームのみんなのやる気スイッチと
不安なんて感じないスイッチ
自分に自信を持っていいんだスイッチを

ONにするところからスタートしました。

 

なんでそこまでできるの・・

 

 

そこまでできるんでしょうね

他の皆さんの頑張りもそう・・・
なんでそこまでできるんでしょうね

 

わたしは4日間来ているので
ホテル、飛行機、代行分・・・考えたら
ものすごい金額の投資・・です

 

きっと価値があるし、

まさに未来への投資・・・なんでしょう

 

なんでそこまでできるか・・
そこにはちゃんと一つの目的があるから

そして、みんなその目的が明確にできていた

進み方は人それぞれだけど、目的は明確

一人はみんなのために、みんなは一人のために

ではなく

 

一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために

が正解です。。

 

 

素晴らしいチームになりました。
続く・・・

 


自分には出来ないことと、自分なら出来ること

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

苫小牧でたくさん代行を出させていただいています。ご理解いただきありがとうございます。

東京青梅でのスポルテック2019

フィットネスの祭典

 

にからだワーク協会の

からだバー®️、からだジャンプ®️をより多くのかたに知っていただくために

3日間レッスンを提供しに来ました。

 

気づけば3年以上かかわってきて、

ここまでの道のりは決して平坦ではなかった、、

形ができているなかに

 

ポン

とはいったわけではなく、

 

形のないものを作り、伝え、広げ、強固にする、、そして、さらに、

品質保持する

 

作って満足ではなく、

より良いものにする、、とゆう部分において、

我々からだワーク協会は

多角的に捉えて

 

様々な視点から、取り組んでいます。

そのため、個々の特性、強みを理解し、尊重し活かしあい認めあい

 

応援しあう。。

 

自分にはなにができて、

自分以外の方がなにができるか、、が、

ちゃんと見えてくるようになる。

 

そんないいチームになっている

私たちが伝える

 

アツい想い

 

皆さんにとどけます!

 


自分を信じる・・・それが自信になる

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

木田ちゃんです

土曜日と日曜日は

砂川に行ってきました。
砂川ではからだバー®1級講習会

そして2日目は

千石なつみインストラクターの
サークル2周年を記念してのスペシャルレッスンとして・・・

からだワーク協会のからだバー®からだジャンプ®は

2級を取得すれば、
そのあと1級を受けて合格となることで

運動指導者ではなかった方でも
指導が可能になります。

もちろんインストラクターとして。

 

ただ、8時間やそこらで完璧なインストラクター
なれるわけではありません

8時間の中で身につけるにはどのようなトレーニング
したらいいかの方法を学び、
適正かどうかを見抜き
合否をつけていきます。

そして実践しながら
成長するのです。

今までもそうでしたが、
現在愛好者として、からだバー®を受けていた方

またはからだジャンプ®を受けている方
がその良さを身をもって感じ、
これをより多くの人に伝えたい!

 

という想いで、
取得に来てくださいます。

これはものすごくうれしい

 

そこに年齢、性別、バックボーンなんて
何も関係ありません。

人によっては

試験なんてするのが30年ぶり・・

とか、
違う分野では
教育する側なの

生徒側として取り組むことが
ものすごく新鮮なのと、
勉強になる・・・と。

いう方もいます。

 

そもそも最初から皆さん、自身なんてない(笑)

自信がないから自信をつけるために
学びにきます。

そして、

自分は大丈夫だ、これでいいんだ

と自分に納得して、受け入れて
自分を信じることができて
はじめて自身がつく。

 

 

最初から自身があることなんていません
出来なくて当然・・

 

そして知らなくて当然なこともいっぱいある

 

見ようとしないものは見えてこない

見ようとして初めてしることができる

 

だからできないこと、
知らないことが悪いわけではない。

立場や環境が人を

指導者になるということはそうゆうこと

今まで
わたしより一回り以上、上の方まで
養成させていただきました。

 

久しぶりの勉強で
全然頭に入らない

覚えるのが大変・・

 

わかります・・

8時間見ているとその方の
しぐさ、目の感じ、
声のトーン

そして雰囲気が少しずつ変化してくのが

わかる

 

 

それに伴ってメンタルの波も激しく訪れる

私は、相手がだれであろうと
からだバー®、からだジャンプ®の指導者に
なるのであれば

しっかり厳しく伝える部分もあります

それが動作であるときもあるし、
時に思考、マインド、在り方、などの時も

ある

 

もはや、からだバー®やからだジャンプ®という
コンテンツを通して
その人の人間磨きになっていくんです

強い部分、弱い部分が露呈してきます。

自分の中の潜在部分に自分が気付くことになり、
自分自身に向き合う時間になる

 

自分にはこんな強みがかあったんだ!
と新たな自分の魅力に気付く時間にもなる

 

そんな講習会になります
そして今回も再受講の方が一名と
2級から1級を取得にきてくださった方。が受講者

 

ご自身がからだバー®を受けて
これは価値があるものだと感じ

自分の時間、労力をそこに注いで
ヒトに伝えていきたいと

来てくれました

とてもうれしい✨

まさにそれは挑戦です。

 

だから、私も全力で向き合いました✨

受講いただいたかたも

しっかり自分に落としこむように

ものすごい集中力!!

 

最初は自信がなかったようですが

指摘を受け入れ

 

 

取り組んでいき

8時間でとても進化しました✨

 

感動でした✨

 

自信なんて最初からあるものではなく

向き合い、取り組み、

自分を信じられるようになって

 

実践して初めて自信になる✨

また一人からだバー®️の素敵な指導者が増えました✨✨✨✨

 


押すなよ、押すなよ・・と同じ現象

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

 

今日、具合悪くなってしまってごめんなさい

身体がつかれていたのではなく
今回は完全に
脳のコントロール不全による

プチ爆発・・寸前 (((^_^;)

でした。。

今日の朝は、頭痛だったけど
元気に満ち溢れて
やる気満々で

8レッスン頑張る!と意気込んていました。

 

脳の中に起きていた感情などを
無理やりプラスに切り替えて
やる気スイッチを押していた感じ・・。

 

忙しいと言っても
火、水、木が過密なだけで
他は比較的息がつく時間があります

 

ただ、個人的なことですが、
思考の中で

整理するべく様々の要因があり、

そこが思考を支配していて、

そんな最中でも
人前に立ちレッスンを全力の笑顔で
提供するため

強制的に切り替えていました。
その時はノンストレスで行けるし
逆にいつもより吹っ切れて

いい空間だったりします・・。

ただ、ここ数週間、
ちょっとゆっくり息を吐けて
いなかった分

 

吸えていなかったのも確かです

 

6時間くらいのすき間を確保するのも
厳しかったここ数日・・

金曜日の空く時間を待てずに

脳がプチ爆発寸前・・・。

 

やばいなと‥思って
急遽でしたが、本日の午後からのレッスンを
お休みさせていただきました・・・。

急だったのにご理解いただきありがとうございます。

思考ッて不思議で、

押すなよ・・押すなよ・・と言われたら
押せ・・・押せ・・・という

合図になっている・・・ダチョウ倶楽部的な(笑)

 

例えば

考えちゃいけない、考えちゃいけない・・

考えるな・・・と言われることの方が
余計に考えてしまうらしいです

プルチックの感情輪というのがあるんですが・・・

「プルチックの感情輪」の画像検索結果

 

悲しみの極地にいるときは大喜びすることは
難しいらしいです

 

なので
何かしんどいときに

無理やりそんなこと考えず
楽しいこと考えよう・・

と考えることは

かなりきつい・・・

 

だからどうすればいいかというと

ニュートラルな感情になることを願う

 

そうすることで
ネガティブな感情は弱まるそうです。

私自身、しごとがいっぱい入りすぎてる
わけではなく

沢山やっているから忙しいように見えてますが
ちゃんと息つく時間があります

 

ただ思考、感情のコントロールを
上手にしないと

あとからちゃんとしんどくなるタイプ(笑)

 

強い人はいいですが、
私は強がることを言いながら

実は結構メンタル弱め・・・(笑)(*_*;

だったりします。

そんな自分を知ってるから、
強がっちゃうんですけどね

めんどくさい自分(笑)

ただそんな自分をちゃんと理解しなきゃな・・

と思います。
6時間くらいしっかり息を吐いて
吸って

深く集中して寝たおかげで

 

復活です。。。

速いでしょ・・・(笑)

休ませてくれてありがとうございました。。

頭痛も目眩もないです!

 

インストラクターさんは結構
おんなじ感覚のヒト。。いたりするんじゃないかと

思います・・。

 

 

 

 

 


スミマセン、、半日だけ時間ください

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんでしたが、、、

 

 

実はここ、2,3日少し頭痛があり、

昨日の夜から

またひどく、、

 

 

頭痛薬は飲んでさっきレッスンしましたが

ピラティスで

仰向けでもフラフラし

 

たったときや

しばらくたってからも

いい感じではないため、

 

半日だけお休みにさせてください、、(T^T)

無理してやることもできなくはないかもしれないけど、ちゃんとやり続けていきたいので、

SMILEKIDSサークル

夜のからだジャンプ®️、ピラティスヨガ

 

お休みにさせていただきます。

スミマセン、、

 

キッズは大きな声と

大きなアクションが必要なため、今はキツいです(>_<)ジャンプ®️はちょっと無理、、(T^T)

 

いつもはお休みはSNSに出しませんが、 最近ありがたいことに

ブログからキッズレッスンの情報をみて

来てくださるかたがいるので、

 

出させていただきました。。

ちなみに、来週も出張のため、お休みです。

 

半日だけですが

やすみます、、、。

 

よろしくお願いいたします


誰がやっているかも大事、誰のための何のための・・がもっと大事

苫小牧市民17万人
日本国民1億3000万人
の健康を守る

木田ちゃんです

 

一般社団法人 日本からだワーク協会
代表理事に山田祐子さんが就任いたしました。
それに伴い私の立場も変わります。

今まで

私はリーダ―である山田さんの組織作り
人間力を上げる取り組みに

いつも感銘を受け、
感動し、

心動かされてきました。
私は組織作りは苦手です。
一人を好むタイプでした。
独自性で展開していくのが得意でした。

そんな私がサブリーダーとしてからだワーク協会
にできることは何かを今まで考え、
行動し続けてきました。

グランドマスター

サブリーダーという役割で
マスタートレーナーたちの教育、
そしてコンテンツ内容の充実

を図るため
様々な学びや、
理論、構成などを考え
皆様とともに試行錯誤し
皆様に落としマニュアル化してきました。

そうしてできた今のからだバー®
からだジャンプ®の
マニュアル。

現場で常に実践されるから
どんどん良いものが生まれます。

きっとまた、進化していくはずです。

内容改定は素晴らしいことだと。
憲法と同じで時代に即した内容に
見直さなくては

実際と誤差が生じます。

 

そして、私たちの手元から
皆さまのもとに手渡したからだバー®、からだジャンプ®
それを
各指導者が、目の前のお客まさに対して

 

どうなってほしい
どうあってほしい・・

 

と考え
ねがいながら

アレンジし
形を変えて伝えています。

その目を養うための学びを提供するのも
私のグランドマスターとしての役割

ゼロからスタートしたからだワーク協会

誰がやっている・・
誰が作った・・・・

というのがきっかけで
興味を持たれる方もいたと思います。

 

ここまで4年間活動してきて、
しっかりとした数値や、
結果が出ています。

 

今は誰がどうなってほしい
どうあってほしい・・・

だから
からだバー®、からだジャンプ®を
選んで取得に来ました。

 

そんな協会づくりをしていきたいです。

そして、私は私で
自分が、自分自身がやりたい形があります。

最近少しずつ、その形ができています。
そこは私だから…きてくださる部分。

自分以外ができるものの価値と
自分しかできないものの価値を

感じながら
これからも
皆様の笑顔と健康と豊かな人生を
送るために

頑張ります。

 


最もしてはいけないことは。。。選ばないということ

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまる

木田ちゃんです

直感を信じる

 

とよく言います。

何かをえらぶとき、
直感で選ぶのがいい。。

そしてきっと何を選んでも
失敗なんかしないんです

 

最近そう感じる

今まで生きてきて、たくさんの選択をしてきて

失敗だったと感じたことない

 

選ぶまでは、

もしかしたらこっちを選ぶと

失敗するかも・・・

と思うことがあるけど
直感で進んだ方向で

ちゃんと軌道修正していく

知らないうちに選んだ道で最善の方向に

軌道を修正していくようにできている

 

進んでいく途中で
間違ってた…!と思ったら修正すればいい

 

一番してはいけないのは
それ以前の問題の

選ばないということ。。。

 

どちらも選ばない・・

すなわち動かないということ

選ぶことが行動に繋がる
もし自分の自分の思ったとおりにならなくても
そこから学ぶことや、

かんがえることが必ずあるはずそれが
成長に繋がる

 

選ばなければ

失敗することすらできない

 

失敗から学ぶことが多いのに
それすらできない

そこから起動修正して
結果的に
良かった・・・と必ずなる

 

って考えるようにしました。

そして
最近いろんな方に言っていただきます

 

自分が信じたことを言い続けて
やり抜いていくといい

必ず見ている人はいて

 

必ず応援している人はいて

一緒に動き始める人が必ずいる

 

あっという間に簡単に集まるものより

じっくり苦労して
時間かけて
努力して
いろんな思いして

形を作ったものは強固なものになる

強くあろうとする自分と
弱い自分が毎日頭の中でワイワイやってます(^_-)-☆(笑)

完璧な人間なんていないよ。

だからダイジョウブ

 

みんなたくさん苦労して
みんなたくさん泣いて
たくさん笑って

そして強く優しくなっていく

 

ヒトの痛みのわかる
あったかい人間になる・・・

 

 

 


cialis billig

Этот нужный интернет-сайт со статьями про Написание статей.
В интеренете нашел интересный портал со статьями про www.progressive.ua.