「日記」カテゴリーアーカイブ

あなたがそれをえらぶ理由

苫小牧市民17万人、北海道民560 万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

何かをえらぶとき、、、、基準て何ですか?

ご飯屋さんで、お料理をチョイスするとき、食べたいものが決まっていたらすぐにそれに目が行きます。

種類が豊富なら、その中で、カロリーが控えめとか、苦手なものが入っていないか・・とか。。自分の中での大切にしているキーワードを見極めます。

 

こだわりなのか、、大切にしていることなのか・・・。

 

譲れない部分なのか・・・。

 

意外とそこって大切だったりしたりして・・・。

どんなに食べたいものでも最終的にカロリーが高かったら、食べない‥になるかも。

嫌いなものが入っていたら食べないになるかも・・・

先週末、岐阜にからだジャンプ®講習会をしてきました。

 

インストラクターとして今後長く取組んでいきたい・・・自分のからだのためにも、お客様のからだのためにも、負担をあまりかけずに、楽しく、効果的に伝えられるもの・・・

 

を基準にし、たくさんのコンテンツから見極めてからだジャンプ®にきてくださいました。

世の中のプログラムには目的があります。

目的と効果がある。

 

音楽を楽しむ・・

振り付けを楽しむ・・

一体感を楽しむ・・

動作を楽しむ・・

いろんな楽しみ方がありますが、

 

からだジャンプ®はこれらの要素をふんだんに取り入れながらその先の効果・・・というところにコミットしています。

 

効果が明確

 

例えば音楽が素晴らしくても、効果が出なかったら・・・

 

振り付けがかっこよくても膝が痛くなってしまっては・・・

プログラムだけで満足させるのではなく、その先のその方の日常が快適に過ごせることを考えて、プログラミングしています。

 

私の母は、足の調子が悪かった時に、あらかじめ状態を聞いたうえでからだジャンプ®のレッスンに参加してもらいました。

脚の状態がよくなるように流れに変えて、(それは強さを変えたりタッチの種類を変えることで軽減でき、かつ楽しさは変わらず・・)

 

提供していくとそこから痛みが減りました。

 

何のための、誰のためのレッスンか・・・が頭にあるとどう伝えるか・・が変わってきます。

自分が提供するものにはしっかり責任を持ちながら、提供していきたい!

改めて感じます。

 

 


応えはすべてお客様が持っていました・・・

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

10年前くらいにZUMBAに出会い、苫小牧で一番最初に提供しました。

楽しくて楽しくて、、、音楽に合わせて踊り狂いました・・・。

話さずに、からだの動きだけでお客様を導く。。。

だから、自分は大きくしっかり動く。。。

 

そしてお客様はそれを真似して動く・・・。

 

ちゃんと伝えている・・・・・つもり・・

 

 

つもりでした。。。

参加していた方が膝が痛い…腰が痛い。。。

 

そんな声がちらほら出始めました

 

プログラムはこんなに楽しいし、自分はしっかり動いている・・・

どうしたら。。。どうしたら・・・

ZUMBAに限らず、きっとほかのプログラム、ダンス系もエアロも、ピラティスもヨガもきっとなんでもそうです。

ちゃんとした動きを伝える側に行けたら変わるかな・・マスタートレーナーになったら何か変わるかな・・・とか思ってオーディションもチャレンジしたりした・・・(笑)

 

 

伝えている・・・つもりなのはインストラクター側の自己満足。。。

伝わっているかどうかはお客様のからだ変化、反応、感覚、が全て。

 

私はダンスができたらいいな・・・とダンサーさんにあこがれて生きてきました。

でも結局ダンスはしっかり学んだことがない・・

エアロビクスを極めたこともない・・だけど、颯爽とコリオを難なくこなしていく人たちにあこがれています。

 

からだのためにやる・・・とかじゃなく、単純にあんなふうに動いてみたいな・・・気持ちいだろうな・・・とゆう感じ。。

 

多分、参加している方もそんな動機だったりしませんか?

だから、最高の趣味なんです♪

 

その趣味は死ぬまで続けたいし、でもそれでからだを壊したくない・・・

 

だからってそうゆうレッスンを辞める気はない。

からだに負担がかかるから、レッスンを辞める・・・なんてことは絶対しない

だってやりたいんだもん!

 

ならば、ちゃんと見抜いて、導いてあげられるような視点で伝えていこう。

独りよがりにならないように・・・。

 

それがもしレッスンの中でできないのならば、

せめてそれ以外で、皆様自身が自分のからだに意識を向けられるような機会や、コンテンツ、プログラムを作ろう

 

そんな思いで今、様々な場所でワークショップしています。

うまくなってほしい・・・のが目的ではなく、

 

ご自身がまずはご自分のからだの感覚に気付く、知る・・

こうするとこうなる・・ということを与えられるだけじゃなく、自分で理解し、

 

自分の中でこの動きがベスト・・・またはベターというところを知る・・

そうすることが必然的にうまくなる

痛みなく、やり続けられる・・・に繋がる

 

私はもっともっと皆様にエアロビクスや、ダンス系エクササイズをプレゼンターとして提供したい。。

し続けたい

 

楽しいから。

 

そのためにやるべきことをもっともっとやります。

 

 

 

 

 

 


自分が一番自分らしくいる時間とは

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

自分が何をしているときが一番楽しいか・・・何をしているときが一番幸せか・・・

 

何をし続けていたいと思うか・・・

 

私はまだまだ未熟なところもありね小さなことでぐちぐち悩んだり、気にしたり・・

自分で小さい負の渦に入り込んでいってしまうことがあったりします

 

でも、そうゆうのってみんなにあると思うし、そんな自分がダメとか、嫌いではない・・・。

 

そういう自分の一面がある・・ということを自分が知る。

 

思い通りにいかないことがあったり、ちょっと悲しい想いになることがあったり、自分が失敗しちゃったり、自分自身にがっかりしちゃうようなことも誰にでもあると思う

 

わたしにもある

全てがうまくなんか行かないと思ってる

 

その時にいだいたおもいが、次の自分に繋がると思う・

 

そうゆうときのもやもやした気持ちとか、負のサイクルってみんなどうやって切り替えるんだろう・・・

 

私は最近自分が自分を少しずつ取り戻すのに何をするといいのかわかってきました

それは・・・

 

休むことでも

 

食べることでも

 

飲むことでもなく

 

 

 

レッスンを提供すること

 

でした

 

いろんなレッスンを提供することが自分が一番自分らしくいられること

 

だった・・・だからレッスンが少なくなってくると、ストレスがたまる。。。。

 

レッスンを受けるんじゃなく、レッスンをすることが自分が自分らしくいられることでした。

 

そうしている間はいろんなことを忘れてる

 

いろんな負のことは飛んでいく・・

 

そのうち、負のことが気にならなくなる

 

何をしたいか、何をするべきか・・誰のために何をしていくべきか・・・そのためには何が必要か・・・が見えてくる

 

わたし、歳はとるんじゃなくて、重ねるものだと思うから、歳を重ねていく中でたくさんの経験や知識、知恵が増えて、それが人となりになって容姿にも、在り方にもあらわれてくると思う・・・

 

だから、楽しいことばかりしじゃなく、たまに来る辛い出来事も受け入れて乗り越えていけるくらいのおっきな人間にになりたい!

そしていつまでも自分らしくキラキラしていきたい!とりあえず36歳はそんな感じを目指してみたい!いろんな人のキラキラからパワーをもらいました!