身体を育てるはずの体育の授業でケガをする

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

フィットネスは心と身体健康であるための
様々な手段・・・

 

だから運動だけとは限らないし、
休むこと、

食べること、

見ること、聴くこともフィットネス・・

 

と捉えています

 

今、キッズアスリートや大人に対しての
パーソナルアプローチをしていますが、

そもそもの身体のを使いこなせていない
という部分が多々見られます。

大人は

日常の身体の使い方・・仕事の内容だったり、
けがに伴った代償だったり・・

 

があるので、
後天的に崩れていくパターンが多いですが、

子供たちの場合は、
幼少時代にからだをしっかり使えなかったことの
代償が、

 

出ている。

と感じます。

 

体育の跳び箱の授業で

手をついた瞬間、手首を折る

 

という事例を聞きました。

体育って身体を育てる授業なのに、
育つ以前の問題です

球技なんてきっともってのほか

 

走ることすらままならない・・・

 

おかしな時代に来ています。

人間は走れる設計になっているはずです

それが走れなくなっているってどうゆうことでしょう・・・

 

 

走るための機能を赤ちゃん時代に
使わせてもらっていなかったからなんでしょうね・・・

 

時代のせいですか・・・。ね・・(:_;)

そんな感じで小学生が
きつい専門スポーツやったらどうなりますか・・

 

走れもしない

ちゃんと軸を使って立つこともできないまま
専門スポーツのテクニックを叩き込まれたら・・

 

できるわけがない・・

 

そうして、

劣等感を抱き

希望を失い

やる気を失い

 

自分なんかは・・・と

自分を嫌いになる子たちも出て来るかもしれない

 

そうなるのは悲しいですね

今年の夏に苫小牧で
運動指導をしたい方、している方、
子供たちのために少し身体の仕組み

動くために何をするべきか、、を
知りたい方

講習会を行う予定です。

5時間くらいみっちり
学びます。

 

またご案内しますので、
興味あるかたはあらかじめ私に連絡ください

[email protected]


実はね・・・本音と建前の話

苫小牧市民17万人
北海道民560万人

日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

 

あんまり普段からママ友とか
飲み友達とかいないから・・・(笑)

まあそんな時間がないのもある(笑)

あ、いや友達がいない・・・(笑)

 

ボディリマインドにレッスン受けに来てくださる方・・

みんな心の内を話してくれます

実はね・・・

ほんとはね・・・

あの時はこう言ってたけど、ほんとのところ・・

 

 

みたいな。。

悪口を言うのではなく、
自分心の内をはなす。

打ち明ける。。

 

私に言ってきてくれる

お客様同士で分かり合う

 

きっとボディリマインドは
守られた空間の感覚があり、

ありのままの自分を受け入れられる
受け入れてもらえる

そんな感覚になるんです。

 

自分に向き合えてるんですね

片意地張らないというか・・・。

以前にもこんな記事書いたことあるんですが

 

 

本音と建て前

これはどちらもホントの話。
どちらも間違いじゃない

 

建前で話すことがなんだかよくないイメージ
ありませんか?

嘘ついているような感じ・・・。

 

嘘っていうのは
自分の利益を優先し、相手をだましたり
おとしいれること。

 

建前は相手の立場に立って

自分との価値観や捉え方の違いを相手側に
わかりやすいように変換して伝えること

 

 

そんな気がしています。

だから本音を言うのがよくて

建前で話すのがよくないことではない

 

自分を使い分けていることは
自分を偽っていることではなく
相手本位になって考えて伝えていること

 

私は仕事柄、

建前で話すことが多いのかも・・・(笑

 

たまに出すブラックな感じの本音に注目です(笑)


苫小牧でパーソナルトレーニング

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

 

苫小牧日新町で隠れ家的スペースで(笑)

fitnessroomボディリマインドを

運営しています。

ここで皆さんの身体の状態を聞き、
動作を確認して、関節の動きや
筋肉の張り、柔軟性

左右バランス、
身体の表裏、

弱い部分、
強い部分などを理解していただき

それらをバランスよくいい状態に持っていく
アプローチをしています

 

私が直接マッサージしたり何か手を触れるという
ことはほとんどなく、

 

道具を使ったり、

 

自体重や感覚、自分で動く方法を
覚えていただき
自宅で一人でできる自分だけの

自分の身体にあったエクササイズを
カスタマイズし、

身体をいい方向に向かわせてあげる

そうすると
できなかったことができてくる

できなかったことができてくると

自信がつき、
行動が変わり、発言や思考も変わる

人生が変わる!

やらされるフィットネスではなく
やりたくなるフィットネス

を目指しています

そして子どもから大人まで
キラキラ輝けるフィットネスを提供します。

自発的にね♪
皆さんのご希望の時間と私のスケジュールを
すり合わせて

レッスン提供します。

大人8000円
大学生7000円
高校生6000円
中学生5000円
小学生4000円

です。時間は50分から60分

[email protected]まで。

 

 

 

 

 


子供たちの運動能力を上げる取り組み

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

私は現在以下の事業をしています

・スポーツクラブ内におけるスタジオレッスン指導
・個人主催のサークルによる各エクササイズの提供
・キッズフィットネスの展開
・fitnessroomボディリマインドでのセミグループ&
パーソナルトレーニング
・フィットネスプログラムの開発
・人材育成

その中でも特に思い入れがある、

キッズフィットネス・・

 

これは実は私自身の心の戒めでもあります。。

 

私は子供たちが小さいころ・・(2歳くらいから10歳くらい)

仕事が忙しくなりはじめ
あまり子供の成長を見てあげられなかった・・

と感じています。

 

いつ、つかまり立ちしたとか、
そんなことをあまり覚えていないし
見ていないかもしれない

 

愛情がないわけではなく、物理的に
一緒にいられる時間がたくさんではなかった・・

私自身がからだづかいのプロでありながら、
そして、自分自身たくさん身体を使って
幼少期の身体形成をしてきたのに

それを自分の子供たちに反映させられていない

その罪悪感があり、
自分の子ではない子たちには
ちゃんと伝えていこう!

そう決めていたので、
キッズフィットネスへの想いは強くあります。

 

西地区での活動は少子化に伴い終了してしまい
今現在は沼ノ端スポーツセンターでの

木曜日のサークルだけです。

 

ただ、これも、部活動的な
専門スポーツではなく、子供の心と身体の
発育、発達を念頭に置き

礼儀や、マナー、ルール、上下関係や思いやり
社会性、集中力、協調性、自制心、
自己主張・・・

そんなことを親じゃない、他人から
教わる

年上のお姉さん、お兄さんから学び
年下の子たちを導くやさしさを学ぶ

はじめての習い事として親も子も成長し
そののちにやりたいことが見つかったら、

巣立っていくことを応援する

もっともっとこんな場があったらいいのに・・・
と想う

 

もう少し広い場所が欲しいとも思う・・・(笑)

現在もSMILE KIDSメンバー募集しています。

[email protected]まで

 

 

 


難度を上げるのをもうやめます。。。

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです

この記事を出すにあたり、ものすごく
長い期間・・そして、

これからの自分がどうありたいか…を
ものすごく考えました。

 

誰のために何のために・・・を
今一度考えました。

http://pracefrydekmistek.info/fitnesskida/2019/archives/5730

↑この記事を自分で書いて改めて腑に落とした。。。

 

今、ジョイフィット苫小牧柳町で
水曜夜にダンスエアロのレッスンをしています。

夜はそこだけ。

昼間は木曜日に朝イチエアロをしています。

木曜日のエアロは
その場で作っていくので
一話完結で、毎回ギリギリみんなができるところを

作っていきます。

最初から完璧ではなくても

少しずつ展開して、丁寧に進めて
できたら次に進んで、

最終的に繋がる・・

 

だから
最後は気持ちよくできる。。。

初、中級あたりです。

 

水曜日の夜は
今2か月スパンでコリオを変えています。
多分、中上級あたりです。

最初は一か月でした。。。。

リトモスを卒業した際に、
リトモスに負けないくらい
みんなが楽しんで没頭できる魅力あるクラス
にしたい

 

そしてリクエストで、

『一か月だとできたと思ったら終わっちゃう』

完璧になってもう少しそれを続けていたい

 

との言葉をいただき、
プレコリオの感覚の方が多かったので、

2ヵ月かけて展開していくことにしました。

最初は皆さん、まだエアロビクスも
慣れていない部分もあったので、

最初はベースから作り
レイヤーをかけ、

ブロックを入れ替え、

面を変え、、、

差し込み、、、

更に付けたし・・・

 

 

という作業を2か月かけて少しずつ少しずつ
増やしていきました。

もちろんずっと出でいる方は
毎回最初から戻るし、
前回の動作を変換していくだけだから

できる。。

だけど、

途中で入ってきた人には、
いくら最初に戻しても
やはり、展開はスムーズに進んでいくので
ついていけない

 

しかも一か月じゃなく、2か月も待たなきゃいけない

その結果出る方がかぎられ、

 

脱落する方も増える・・

私の中では

できていない方たちを導きたい反面
次の展開を期待する方たちの希望にもこたえたい・・・

 

きっと、私のこのブレが自分で自分を
迷わせたんだと思います。

できる人にはいいけど・・・

 

みんながみんないいとは限らない。

 

そして、できた方はちゃんとレベルがあがる。

もうエアロをやり始めて、
5年くらいたちますが、

キャッチは早いし
皆さんすごくからだの使い方

うまくなりました。。。

 

そうだ・・・私
からだの使い方を上手にさせてあげたくて
そのためにエアロという手段を使っていたんだ

 

いつの間に、エスカレートしすぎて、
即興で皆さんを見ながらコリオを作る
その手法がまた、

悪循環を産んだ・・・かもしれない

 

2か月あるからどんどん、どんどん
もっともっととボリューミーになり
もう最後は誰が生き残るか・・・

 

みたいになる

どんどん増築し、新しく建てた部分も
また形を変え、
ずっと作り続けている感じ・・・・。

うーーーん

なんか違う

なんか違うな・・。

私のリードがまだまだ未熟なのもあるけど、
私が何ためにそれをやっているかが
見失いかけているな・・・

 

いかん!

難度はこれからも上げたりします
もちろん

だけど、どこまで上げられるか・・・

みたいな、チャレンジしていく難度のあげ方じゃなく
ストレスなく、余裕があって

気持ちよく終われて
また来月も参加したい!と思うクラス

からだと心が気持ちいいクラス

 

をやっぱり提供したい。

私のクラスが物足りないと感じてしまう方がいたら、
満足できるクラスを
探していただいて

そちらを受けていただくことをお勧めし、
私が思う満足、
私がフィットネスで求めることは

こころとからだに無理なく

気持ちよく、

ともに成長していけるもの。

 

難度を上げるのは簡単です。
しっかり丁寧に進めていくことの方が
繊細です。

ということで

今月が終わったら、またコリオ展開を

1か月スパンに戻し、
みんなが気持ちよく終わり
全4回で少し心と体に
余裕があるくらいのクラスにしていきたい

と思います。。
勝手言ってスミマセン。。
もっとみんなが喜ぶレッスンを
していこうと思います!

そして難度を求める方も
満足できるような流れを
超絶な難度だけに頼らずに

進められるようにしたいと思います。

 

 


私がステップをしない理由・・・

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人のけんこうをまもる

 

木田ちゃんです。

どんなレッスンができるんですか?と聞かれたら
いつも

ステップ以外なら何でもできます

と答えます・・・(笑)

え?!なんでステップできないんですか?
あえてやらないんですか?

 

うーーーん、
向いてないから(笑)

実は・・・

ステップをしないんじゃなく
できない・・・・(´;ω;`)

私の中のでっかい壁です。
がもう、そこを越える道を選ばず

回避して違う道を進んでいるので
わざわざ立ち向かうことを今は選んでいません。

(というと、かっこいい感じでしょ(笑))

昔、インストラクターになったばかりの17年前

はじめてスタジオに入ってお客様として体験したレッスン
それがステップでした。

そのステップはノンバーバルで
あっという間に進み
多分もう月の終わりころだったのか、

 

みんなは完璧

後ろ見たり

違う方にいったり、

 

とにかくわけがわからない

開始3分くらいでもうわけがわからない

 

私はいままで大体のスポーツはできました

そんな自負もあって
そして、隣の60代くらいのおばさまにはできて

わたしにはできない・・

 

そんなことがあるのか?!とかなりの衝撃

と、同時に
できないものがある楽しさ

に駆られてやる気になろうとしましたが、

ウォーミングアップ?と思われる動作の途中で
全然ついていけず、

しゃべらないから何もわからず

そのまま台から落ちまして、
そして軽く捻挫もして・・

 

そして、台を片付ける力もなく、
そーっとスタジオを出ました

 

レッスン終わってから
台を片付けに行って

先生に謝りました・・・。

出来なくてスミマセン・・迷惑かけて
ごめんなさい。

その返事になんていわれたか覚えていませんが、
なんか感覚として残っているのは

私はこうゆう指導をしないようにしよう

でした。

 

きっとその進め方はその先生だから成り立っていて
そこにきているかたも、その進め方だから
ついていくんであって

 

信者的な感じで、

先生もその方たちのためにレッスンしている感じで
はじめての自分が入る世界ではない

入ってしまった自分が悪い・・

 

ただ、ステップ台は怖いところ

ケガするところ

と自分の中で壁ができました。

 

その後、レズミルズのボディステップなどの
資格を取るチャンスもありましたが
怖くてできなかった・・・

 

もう、あの台に登るというのが

わたしには
がけに立ってつま先立ちしているくらい
怖い感じで、

完全にメンタルブロックしています。

 

これは私、あるあるなんですが
『なんでもできそうだよね』

と言われる・・
何でもできる人なんていないぞ・・・(笑

 

できることは

できるように努力したの

 

それでもできないものもある・・・。

イタリアでリードを取る機会を得られた時、
ある巨匠に

『木田ちゃんはステップしないの?海外プレゼンター
目指すなら、エアロとステップはセットだよ』

と教えていただき、

なんで?

と理解できず、
エアロもままならない私は
ステップなんてもってのほかでした。

周りで教えてくれる人いなかったし、
レッスンもなかったし・・

 

だけどイタリアコンベンションで
その意味が分かりました・・・。

ステップ人気すごい・・そして
なんだ。。。。この人たち

異様な光景でした

そのあと、お客様からのリクエストもあって
実は養成も受けたんですが、

理論はわかっても
なぜかステップ台に上がると怖くて、

跨ぐ

越える

入れ替える

 

みたいなことがもう、

あの狭ーく限られたスペースで行われることに
恐怖心でしかなく

動きは小さくなり

ステップが踏めませんでした。

だから、エアロのように
次々に動きが思いつく・・みたいなこともなく

リードを変えるだけで精いっぱいでした

だからそんなストレスためて取り組むより
できることに力を注ぐと決めて

ステップは断念しました。

その後何回か、お客様として参加し、

少しずつ恐怖心を克服しましたが、
やはり落ちるんじゃないかとの
恐怖はいまだにぬぐえず、

 

 

できればやりたくない・・・。

もし、やるなら
養成受けて、ちゃんと脚の位置から、

アライメントから
重心の乗せ方から学びたい・・

 

というより、
そのはじめて出たインストラクターさんのお陰で
私は

こうゆうリードを取らないようにしよう

とその後何度も思いました

 

その先生に感謝です

 

私はステップが苦手というか怖くて

もうできない・・・と感じました。

 

自信を無くしました

ちゃんと導くようにしよう・・・
私はちゃんとみんなをできるようにしてあげたい・・

 

 

 


遠回りに感じることが一番の近道

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

ヒトから言われてやるものほど

やりたいくないものはありません。

 

やれ。。と言われてやるものは
せっかく自分がやろうと思って自発的に
考えていたことなのに

急にやらされている・・という感覚になる

 

しかも期限などを迫られたり
いつまでに・・と言われると
余計そうかんじる

自分を追いつめている

自由を失われていると感じる

だから伝える側はそれが必要と
思ってもらえるような提供の仕方・・

結果の出し方が必要・・

 

まさに今、そして木田家の長男にパーソナルトレーニングを
しています。

一回目、先月行なったのですが、
自分のからだの変化、進化、そして弱点を
自分で知ったようで、

 

トレーニング後、これは必要だ!と
自分で感じたみたいデス。

 

私は息子たちとおんなじ家に住んでいてい
いつでもトレーニングできる環境にいますが、

わたしから誘うことはないし

やれと

いうこともない

 

 

ただ聞かれたら応えます。

二回目は息子からやってほしいと
更に懇願してきました

そして毎週、または毎月必ずやりたい・・と。

相当自分に効果があると感じたんでしょう・・

 

まぁ・・そんな感じるように結果を
出せる内容にしたんです・・が(笑)

苫小牧でスポーツをしている子供たち、
自分のからだの使い方を今一度見直し、

技術を習得する前に

からだを使うこと、使い方を覚えさせるのが
大切です。

からだが使えないのに、
トレーニングには耐えられないし
技術なんて身につかないです・・・

 

指導者の知識はここまでないかもしれないので、

是非親御さんが理解していただき
必要に応じて、私のところに来てほしいです。

[email protected]

まで


インストラクターとしてどうしたいの?どうありたいの?

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

 

37歳の誕生日を迎え、
岐阜の地で皆様に祝っていただき、

更に使命感に燃えている木田です。

 

岐阜での3日間、

全部違うことをしてきました。


一日目はからだワーク協会の
インストラクターたちの教材となる

 

動画の撮影

 

2日目は自分で主催する
からだバー®、からだジャンプ®の
1級、2級の講習会

そして3日目は
私のオリジナルレッスン5本立

 

さあ・・・

 

これだけ見たら、

え?!木田ちゃんって

何がしたいの?、

 

何ができるの?

 

なにが目的なの?

 

と思うかもしれません(笑)

 

 

昔、私は
今ほど、皆様の健康のために・・・

 

と考えていませんでした。(笑)

ただ、トレーナーになりたくて・・
トレーナーとしてもからだのことを
いろいろ教えたくて・・・

そうすることで誰かが
喜んでくれたらいいな・・

 

くらいでした。

だから、目的はトレーナーになることでした。

 

最近、いろんな人と話するとき、

なんで木田ちゃんはそれをやるの?
と聞かれます。

エアロビクスを伝えたいの?

ダンスを伝えたいの?
からだバー®を伝えたいの?
なんでワークショップをやるの?

 

そして、よく、、

コンテストに出る人に
コンテストに出でどうするの?

なんで東京に進出するの?

という話も聞こえてきます。

 

私があるコンテストに出た目的は、
いろんな人を見たかったから・・(笑)

今の時代の流行を知りたかったから・・

 

でした。

その時はそれでよかった・・。

結果的に出ることで、今の流行をしり、
反映させたりしました。

ヒトとつの繋がりも生まれました。

 

問題はそのあと、

 

様々な活動をしていくとだんだん自分の中に
1つの筋見えてきます。

痛みが消えました。

からだの調子がいいんです。

痛くないない方法を教えてください。

 

貴方のレッスンでからだの使い方を学べて
動きが楽になりました

 

 

そんな声をたくさんもらい始めて、
そのうち、視点がそこに行くようになりました。

からだの使い方を伝えるために
いろんな種目に取り組んでいる。

からだの機能を高めるために

エアロビクスを行う

ZUMBAを行う
ダンス、コンディショニングを行う

 

手段はなんでもよくなりました。

できるものなら何でも使い、
そこにからだの機能が高まる知識、要素を
オリジナリティで入れ込む。

からだの機能が高まるのがメリット

 

その結果、生活の質が上がり、
その方の人生が変わり、できることが増える
生き方が変わる

それがベネフィット

 

そこまで考えるようになりました。

自分が何をしたいか・・

ではなく、どうありたいか・・それによって
何を手段にするか・・

 

に変わりました。

これは、最初から身につくものではなく
様々な行動、取り組み、いろんな意見、

自分と向き合う

 

そうして18年インストラクターをしてきて
見えてきたんです。

もちろん、お客様の参加の目的は、
私のエアロビクスを楽しみたい、
私のZUMBAを受けたい・・

 

 

ただそれだけでいい。

私は、その結果、その方たちがからだの調子が
よくなり、日常が豊かになるのが目的

だから、今は、やっていることに
違和感や、疑問がない!

求められたことに対し、
自分が目的としていることをしっかりはめたら、

 

どんなことにも適応できます。

 

何のためにこれをしているのだろう・・・
と考えた方。。

一歩進むチャンスです。

いろいろ考えてみてください。
行動してみてください。

沢山見えてきます。

 

 

 

 

 


その練習はなぜ行うのか?

苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を

守る木田ちゃんです。

 

苫小牧の日新町でパーソナルトレーニングルームを開設し、体の使い方に悩む皆様の力になれるアプローチを行っています。

体には個人差があり、

Aさんにはあてはまっても、

同じやり方がBさんには当てはまらない場合があります。

 

わたしは

自分が選手時代、骨格が違う、

身長も15センチ位違う選手の動きを真似しなさいと言われ、

その方の動きを無理やり真似て

練習していた時期がありました。、、が案の定上手くいかずに余計に力みが入り、

成績が伸びませんでした。

 

体には個体差があり、

 

それをしっかりと把握し、体の何かしらの使い方の癖、日常の習慣の中から生まれた後天的な動作の偏り。。

 

それらを指導者がしっかり見極めて

この子には何が最適か、、

なぜそうなるのか、、

 

を理解してあげなくては

出来ないことを引き合いに出され、人一倍出来ない部分をたくさんやりなさいと言われ

 

その子の自信を喪失させたり、

 

やる気をなくしてしまい、

 

好きだった競技をやめざるをえない、、、

 

そんな現状を最近多々みます。。

指導者さまにそこまでを気付き、学んで見抜いて伝えて、、、

と望みましたが、

 

 

それは、やはり難しいことも同時に感じました。。

だから、私たちのような

パーソナルトレーナーがいるんだなと。

 

私は、競技の技術を教えることは

出来ないけど

 

競技特性をみたらなんとなく体がどう機能するべきかはわかります。

 

小学生低学年から中学生辺りまで

メンタルは繊細です。。

出来ないことを攻めて無理矢理やらせるトレーニングではなく、

 

しっかり体を見てあげて

出来るように視点を変え

出来ることを増やし、

 

自信をつけさせ

自分の力で動きを導き出せるような

 

そんなアプローチを

競技指導者や親御さんができないなら

 

私がしてあげたいです。

苫小牧で、その子にあった体の使い方を教える場所が

 

あります!fitnessroomボディリマインド

木田麻美に連絡を🎵✨

キラキラ輝く子供の才能を伸ばしてあげましょう✨

[email protected]まで。

 

 

 


4月からのスケジュール

苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

今まであまりスケジュールを出してきませんでした(笑)

だけど、もう少し必要な方に
わたしを活用していただけたらな・・

と思って、ちゃんと出しますね(笑

 

月曜日 終日
fitnessroomボディリマインド
パーソナルアプローチ(ご要望にお応えします)

火曜日
ジョイフィット苫小牧
10:15~11:00 ZUMBA
11:15~12:15 ピラティスヨガ
12:30~13:15    スーパーストレッチ

fitnessroomボディリマインド
16:30~17:15  からだジャンプ®キッズ
17:30~18:15 からだジャンプ®キッズ

のぞみコミュニティセンター
19:00~19:40 からだバー®サークル
19:40~20:30 楽しくピラティスヨガサークル

fitnessroomボディリマインド
21:00~21:30 からだジャンプ®

 

水曜日
午前
fitnessroomボディリマインド
パーソナルアプローチ(ご要望にお応えします)

ジョイフィット苫小牧
13:15~14:00 メガダンス
14:15~15:00 からだバー®

20:15~21:00 ダンスエアロ
21:15~22:00  からだバー®

 

木曜日
ジョイフィット苫小牧
10:00~10:45 ダンスエアロ
11:00~11:45 ピラティス

沼ノ端スポーツセンター
16:30~17:30 SMILE KIDSフィットネスサークル
fitnessroomボディリマインド
20:30~21:00 からだジャンプ®
21:10~22:00 ピラティスヨガ

 

金曜日
午前
fitnessroomボディリマインド
パーソナルアプローチ(ご要望にお応えします)

13:00~13:50 ピラティスヨガ
14:00~以降 パーソナルアプローチ(ご要望にお応えします)

土曜日、日曜日、出張、講習会開催

パーソナルアプローチやお問い合わせは
[email protected]まで


У нашей организации интересный блог , он рассказывает про www.techno-centre.niko.ua.
orca cooler