ほんとうに障害なんだろうか☆

いま私が随時指導するこどもたちは全部で120人ほど。

イレギュラーレッスンを含めると150人。

累計では1000人ちょっとくらいでしょうか。

そんな少ない人数の中でも、発達障害、成長障害、自閉症と診断されているこどもが今4人います。過去含めると14〜15人かな。

何をもってそう診断されているのか、何度聞いても私は腑に落ちないのですが…。。。疑わしい子はたくさんいるってことになっちゃう。

そんなこどもさんのお母さまは「迷惑になるのでは…」と、とても心配されるのですが、
他の子と一緒に普通にレッスンしています。

特別扱いはしません。

しませんというか、

特別扱いする必要がない。

だって、

他の子となんにも変わらないから。

落ち着きないのも
暴れるのも
癇癪起こすのも
テンション高いのも
意味不明な雄叫びあげるのも
気分変わりやすいのも
やたら絡んでくるのも

みーんなおんなじ。

「うちの子は普通。そんなことしない」って?

してます、してます(笑)

むしろ、これくらいなほうが
子どもらしくて、いい!

周りの大人が共通の認識を持って、あるルールを決めて一貫した接し方をし、ちゃんと楽しませてあげることで、ずいぶん変わっていった子をたくさん見てきました。

なので、そう診断されていたり親御さんが心配されていることは知らせていただいたほうがいいし、私も気になることがあった時はお知らせしています。