「仕事のこと」カテゴリーアーカイブ

辞職のお知らせ

親愛なる皆様へ

この度、梅村隆は本日(7/3)をもって
株式会社メッツ代表取締役社長、及び、
一般社団法人日本からだワーク協会代表理事を
辞職することに致しました。

在任中は公私にわたり格別のご厚情を賜り
誠にありがとうございました。

今回辞職をする理由は
株式会社メッツ、並びに、一般社団法人日本からだワーク協会が
今後、より社会の役に立ち
関わって頂ける方々と一緒に成長をしていくため

決断を致しました。

私は21歳の時フィットネスに出会って生きがいを見つけ
フィットネスクラブ社員、個人事業そして、起業し22年間
独自路線をモットーに様々なサービスを提供して参りました。

今までここまでやってこれたのは
いろんな方々のご支援があったからだと思っております。
ここに改めて深甚の感謝を申し上げます。

新体制として
株式会社メッツ代表取締役社長には
現専務である松井英一氏が就任いたします。

一般社団法人日本からだワーク協会代表理事には
現理事である山田祐子氏が就任致します。

新体制となり新社長松井英一氏、新代表理事山田祐子氏を筆頭に
今まで以上にお役に立てられるように進んで参りたいと
皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

今までありがとうございました。

令和元年7月3日  梅村隆

 

 

時代に呑み込まれる前に時代を創る

弊社主催のベストブレインウエルネスアワードが
多くのWEBメディアに掲載して頂けました。

ありがとうございます!!


全28社
1.アットプレス
2.@nifty ビジネス
3.SANSPO.COM
4.zakzak
5.朝日新聞デジタル&M
6.財経新聞
7.ビズハック!
8.Infoseekニュース
9.excite.ニュース
10.Mapionニュース
11.Response
12.SankeiBiz
13.StartHome
14.Ba-ter.New
15.徳島新聞Web
16.Blogpeople
17.N+NewsRelease
18.RBBTODAY
19.rentaloffice.bz
20.えんウチ
21.とれまがニュース
22.クイックオーダー
23.助っ人
24.bizocean
25.Trend Time
26.SEOTOOLS
27.Resemom
28.BIGLOBEニュース

この企画のコンセプトは
『職人が経営に目覚めると無敵になる』
2016年から始めて今回は4回目になります

ここ数年でフィットネス・ヘルスケア業界が
脚光を浴びております

これは、単なる流行ではなく
時代が追い付いてきたのだと思っております

数年前までは
運動=レジャー

今は
運動=人生謳歌

好きで始めた事が
時代に呑み込まれるのではなく
時代を創る

その為には
プロフェッショナルである事が大前提です

プロフェッショナルとは
3つを兼ね備えた人種だと考えています
1.専門力(技術・知識)
2.経営力(情熱・数字)
3.人間力(個性・思考)

私達は
単なる運動を教える人ではなく
人生を楽しく過ごすための
伝道者であるのだと思います

そうゆう視点を持つだけで
私達の思考の深さや広さが
圧倒的に変化します

弊社が主催をしているベストブレインウエルネスアワード(BBWA)は
時代を創る現役の運動指導者を対象にした
今までにない企画になっております

比較をされる為に仕事をしているわけではないのは
重々承知しております

しかし
比較されるといった思考ではなく
私なんか・・という思考ではなく


人生を謳歌する運動を提供(運動指導者)している方々は
時代を創るために先頭に立つという思考で

あってほしいと思っております

思っている事をカタチにする事の大切さは理解いただけるかと思います
そのカタチにするためには、様々な方たちから良いとか悪いとかも含めて
意見を言って頂く事も必要なのです

結果
誰の為に
何のために

言い換えれば
誰の笑顔を見たいのか
なぜその笑顔が見たいのか
どんな手段でその笑顔をみたいのか

これが
思いがカタチするためにとても大切な事です

『思いをカタチに、カタチに想いを!』

思いをカタチにするためには勇気が必要
カタチに想いを入れるためには揺ぎない心が必要

 

できるからやる!
のではなく
やる!からできるのです

一歩踏み出しましょう
『職人が経営に目覚めると無敵になる』
第四回ベストブレインウエルネスアワード
          エントリー募集中

株式会社メッツ 代表取締役社長 梅村隆

補足
このような企画には賛否両論があるのは事実です
毎回、賛ではなく否論的な意見を頂きます(笑)
しかし、弊社は賛否で行っているのではなく
未来を創るために行っています

世界初!観客のいない一人芝居(笑)

4月1日に告知した
7DAYS FIT NAVI コンテスト

エントリー募集を開始致しました

何故、動画?

コンテストなのに
お客さんがいない場で??

様々な意見が飛び交っているようです(笑)

誰もが素人から始まる
音取り
動き
キューイング
声の出し方
その他
などを意識的に練習します
幾度となく
練習します

 

意識的なので
実際にお客さんの前で指導しても
やはりぎこちない(笑)

 

もちろん
お客さんからは
クレーム?
アドバイス?

無表情?(笑)

 

 

そんな指導(レッスン)で
自分は向いてないのかな?と
気落ちする(笑)

周りから励まされ
幾度か涙を流しながら
意識的に練習
更に
練習

そんな練習を繰り返していくと
不思議な事が起こる

実際の指導(レッスン)に
練習が生かされ始める

これが
意識的なコト
から
無意識なコ

変換する瞬間である

 

最初は
意識してもできない事が
練習を重ねていくと
無意識の中に入り込み
気持的にも余裕ができ
指導力が増してくる

 

ここまでは
誰もが通る道

実は
動画撮影では
無意識が通じなくなる

理由は・・
目の前にお客さんがいないから

いるのは
無表情な(真剣顔)のカメラマン(笑)

普段の指導(レッスン)では
目の前にお客さんがいて
表情豊かなお客さんから
万遍ない笑顔のお客さんから
エネルギーをもらって
指導ができる

指導者は
お客さんからエネルギーをもらいながら
指導(レッスン)をしているので
エネルギーの循環ができ
とても有意義な時間を過ごすことができる

これが
現場の醍醐味だと思います

 

しかし
撮影は、目の前にお客さんがいない
表情も笑顔もない(笑)

そして
エネルギーの循環はしない(笑)

しないどころか
カメラがインストラクターのエネルギーを
吸い取っていく

ドンドンエネルギーを出し続けないと
カメラに吸い込まれていく(笑)

ここで大事なのは
無意識にできていた指導から
意識的な指導に切り替えられるかです

1.素人

2.意識的

3.無意識

4.意識的

2の意識的なステージと
4の意識的なステージは
全く別次元なのです

この別次元での場で
普段の指導力がいかせられるのかのコンテストです

コリオ(振付)ではなく
カッコ良く回る事ではなく

目の前にお客さんがいない場で
いかに指導力を魅せる事ができるのか

この次元は
無意識にはできないのです

7DAYS FIT NAVI コンテストは
言い換えると・・・・

観客のいない
一人芝居です

 

 

観客のいない
一人芝居という
今までにない場で
あなたのインストラクターを
試してみませんか?


※一切唯心造

エントリーおまちしていますね

 

 

 

 

2019年会社始め

個人的には既に始動していますが
本日、会社の仕事始め

初日は、金華山(標高329m)
にある岐阜城を登りました

体調不調でお休みのスタッフがいましたので
残念ながら全員ではありませんが・・

岐阜城は
かつて稲葉山城と称し、戦国時代には
斎藤道三公の居城でもあったところです。

特に岐阜城の名を天下に示したのは
永禄10年(1567年)(一説に永禄7年)8月
不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し

この地方一帯を平定するとともに
地名も「井の口」を「岐阜」と改称し
天下統一の本拠地としてからでした。

金華山の登山口としては
一番難関である馬背登山コース

登山前はこんな感じ(笑)

そして、いよいよ馬背登山コース

老人・幼児には無理です!(笑)

約1時間程かけて頂上!!!!

導入になぜかこんな看板が・・・(笑)

2019年メッツは止まりません
※いろいろありますが・・・(笑)

チームメッツをどうぞ宜しくお願い致します

追伸
登山後、地元で有名な田楽や五平餅を補給にいきました(笑)

2019年、カチに拘る

2019年明けましておめでとうございます
本年度もどうぞよろしくお願いします。

今年のメッツは一味変えます(笑)

創業21年たった今
過去の産物
未来への可能性の邪魔をし始めました

それになんとなく気づいていたのですが
1年かけて
未来を掴むためには
緊急なコト
重要なコト
必要なコト
の見直しをしていきました

そういった中
2018年は守りに入っていたことを
気づかされました(泣)


弊社の事業すべては
0から1を創って
圧倒的なスピードと質を求めて
創り上げてきました

その事業の全てを見直しをしていくのが
2019年の一番のお仕事になります

チャレンジするためには
チャレンジする力が必要である

それは
勢いでも良いし
何でも良い

後付けでも構わない

2020年にチャレンジするためには
2019年覚悟を乗り越えなければいけない

創業21年は
単なる過去の産物

過去の産物からは
新しいコト
新しい価値

過去を批判しながら
未来を創る

それが梅村流(笑)

2019年2つのカチに拘ります
1.価値
2.勝ち


本年度もどうぞよろしくお願いします。

かなり好評の年賀状に誓って
2019年覚悟の年をやったります!!(笑)

松本から岐阜に戻り
体脂肪をそぎ落とす為に
10キロジョギング

自宅近くのコメダ珈琲にて