「協会のこと」カテゴリーアーカイブ

コトバで未来を変える

先日、からだコトバ®という
講習会を検証も含めて行いました

このプログラムは
(社)日本からだワーク協会と
理事である山田祐子氏と共同開発した
からだとコトバを融合した
日本初(世界初かも)のプログラムです

 

からだとコトバの融合プログラムと言っても
ダイエットプログラムではありません(笑)

 

コトバというのは
人が何かを誰かに伝えようとするときには
どうゆうカタチであろうとも
どんな手段であろうとも
必要なモノです

極論言えば
近未来テレパシーで伝えられるようになったとしても
表面的にコトバを発しなくても
内面的なコトバで伝達されます

もしかして
今、使っている言語でなく
近未来(新しい言語)だとしても
コトバには変わりありません

前置きが長くなってしまいました(笑)

現在、(社)日本からだワーク協会は
1.からだバー®
2.からだジャンプ®
3.からだカラー®

そして
第四弾
からだコトバ®を4月下旬にリリース致します

1~3は、運動プログラムですが
からだコトバ®は、運動系プログラムではありません

巷にある運動系の協会は
運動系のプログラムだけで構成されていますが
我が協会は、そうではありません

何故、からだコトバ®なのか
簡潔に申し上げますと

良いプログラム(商品)でも
伝えたい方に伝えられなかったら
浸透しないのです。
宝の持ち腐れになります

 

世の中そういった事が多くあります
それを解決する為に

からだコトバ®は作られたのです

皆さんが提供している運動(エクササイズ)を
多くの方々に伝わってぼしいと心から願っています

しかし
上手く良さを伝わらない
上手く伝えられない
伝えたいのに
伝わっていかない

そんなあなたの為に
このからだコトバ®は作られました

4月下旬、正式リリースです

ご期待下さい

参加して頂きました皆様
ありがとうございました。

協会マスター&メッツスタッフ共同研修

12月1日・2日と二日間
一般社団法人 日本からだワーク協会マスタートレーナー
株式会社メッツ スタッフ ※1日目だけ

合同研修を開催いたしました

1日目は
岡野氏 成長マインドセット

 

書籍は何度も読んでいましたが
実際の研修の受講は圧倒的な深みの違いがありました

協会の代表として
会社の代表として
とても学ぶ事が多い研修でした

 

 

こういった事を
知る
わかる
できる
続ける
教える

これによって
強い組織になっていくのだと
実感を致しました

 

マスターしかり
スタッフしかり
そして
代表しかり

所詮
個人の集まりである

その個人が
チームとなり
組織というスタイルで
個人の力を発揮しながら
組織を強くしていく

 

言うのは簡単
しかし
なかなか厳しいのが実態

 

ただ
成長マインドセット
MSマトリクスを知り
実行に移すことで

チーム力
組織の力
個人の力

これが圧倒的な力となり
成果に繋がる仕組みを理解できました

このチームで
この組織で
圧倒的な努力を源泉に
フィットネスの価値を創造し革新をさせていきます

全てに100%です

岡野さんありがとうございました
そして
協会マスター
メッツスタッフ
共にやったりましょう!

 

 

 

 

レジャサイズとエクササイズ

最初から言っておきます
最終的には宣伝になります(笑)

 

巷で話題のからだジャンプ®

トランポリンプログラムは
他社でもあります


※からだジャンプ®プログラム普及の為に
このトランポリンは開発致しました

 

トランポリンプログラムは
非常に受けが良い!(笑)

理由は2つ
1.楽しそう
2.汗をたくさん掻く

これだけで
大人気!(笑)
王道!

ただ
楽しい

汗を掻く
だけなら

エクササイズでなくても
レジャーで良い

レジャーは目的という位置づけ
ディズニーランドが目的
USJが目的
ジェットコースターが目的

 

レジャーは
楽しむための目的で良い

敢えて言うのなら

レジャーを通して
運動、いや、身体を動かす事を
取り入れた形式を
レジャサイズと位置付けた方が
理解しやすいかなと思っています(笑)

補足
運動=具体的な成果がある
身体を動かす=運動ではない

しかし
エクササイズは
エクササイズする目的がある

痩せたい
もてたい
人生を謳歌したい
山登りしたい
海外旅行に行く体力がほしい
最後まで自分の足で歩きたい
子供に面倒をかけたくない
その他

それぞれの目的がある
その為に
身体を動かすのではなく
運動を手段として
目的を達成させる

 

その目的を達成する為の
手段として
エクササイズというプログラムがある

からだジャンプ®は
1.楽しい
2.汗を掻く

これは
当たり前です(笑)

それ以上に
効果があります

★5つの効果★

 

1.EPOC(運動後過剰酸素消費)が増大
全身運動により筋肉を多く使うため
エクササイズ後はカロリー消費率が高い状態が
維持されると言われてます

2.免疫力がアップ
リンパ器官の浄化により、白血球が増えることで臓器
筋肉、靭帯の強化や修復が期待されます

3.全身の循環(めぐり)が良くなります
トランポリン特有の上下運動と全身の筋肉を
万遍なく使うことで、リンパの流れが良くなり、
むくみなどの改善が期待できます。

4.姿勢の改善
(トランポリン上で弾みながらバランスを保持しようとすることで、)
体幹や股関節周りの筋肉が自然と使われ
姿勢を維持するために必要な筋力が鍛えられ
姿勢改善効果が期待できます。

5.脳内分泌成分への効果が期待
一定のリズムで運動を続けることで、セロトニン※の活性化が期待されます。

※セロトニンとは:血管の緊張を調節する物質として
発見・名付けられました。
ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠
体温調節などに関与します。
別名、幸せホルモンとも呼ばれています。

 

私の知っている限り
トランポリンプログラムの効果を
明確にして、しっかりとしたプログラム化を
しているのはからだジャンプ®しかない!!!!
のでは・・と思っています(笑)

そんなからだジャンプ®の普及を一緒に
共にしてくれる方を募集しています

単なる
請負ではなく
一緒に学び
一緒に考え
一緒に作り
一緒に分かち合いたい

そんなマスタートレーナーを
募集しています

詳細は
こちらをご確認下さい

からだジャンプ®マスタートレーナー募集

マスターは誰でもなれる
いや、マスターは誰でもなれない

言葉は矛盾するが
これが事実である

何か不明な点がありましたら
気軽に梅村までFBにてメッセージ下さい

 

 ===========
メルマガ梅村塾生募集中

【メルマガ梅村塾】

 

からだコトバ®

(社)日本からだワーク協会
第4弾プログラム

 

開発期間
約1年半

 

グランドマスター
山田祐子氏

からだコトバ®の検証会を開催致しました

からだコトバ®?

からだのコトバ®?

 

日本からだワーク協会は
エクササイズプログラムの協会では
なかったのですか??

答え → 違います(笑)

【コンセプト】
“コトバに価値を 伝わるチカラに”
からだコトバ®︎

 

 

あなたの伝えたいコトは何ですか?
あなたの伝えたいコトは伝わっていますか?

 

伝えたいという強い思いがあっても
伝わらないコトも多くあるかと思います

それは
気持だけではなく
伝え方が必要なのです

 

それの伝え方を
学ぶ為に

からだコトバ®が
誕生致しました

 

今回
最終段階として
検証を行いました


※講師の山田氏は、目を負傷しており、眼帯をはめて気合で乗り切りました(笑)

皆様に
しっかりと
お知らせするのは
もうすぐ

遅くとも
年内には
お知らせできたらと
準備しております

 

伝わる文章3つの条件

1.言葉の本質を知る (言葉とは?)

2.想いや理念を明確にする (マインドセット)

3.型を身につける (ノウハウ)

 

 

検証が終わったあとは
もちろん
意見交換(飲み)

全員での写真を
うっかり忘れていました(笑)

二次会からの
写真です(笑)

 

 

============

【メルマガ梅村塾】

 

2年間の集大成

3日間の
からだバー®マスター研修が
終了致しました


当然
技術は必要

しかし
一番重要なのは
あり方

カタチでは見えない
評価基準も明確ではなく

しかし
これを判断しなければ
いけない

 

事実に基づき
どう解釈するのか

そして
その解釈によって
どのような手段を
選択するのか

 

答えは探すな
思考を深めよ

 

マスターは
誰にでもなれる

しかし
マスターは
誰にでもなれない

●人を信用しよう
人を信用したらだめ

 

●人の意見を聞こう
人の意見を聞いたらだめ

 

●期待をもとう
期待をするな

 

●頑張ろう
頑張らなくても良い

 

●自分をもとう
自分をもつな

 

●目標をもとう
目標は持たなくても良い

●早くやろう
ゆっくりやろう

 

全ての
言葉に
矛盾がある

しかし
これが
事実である

この事実を
どう解釈するのか

そして
その解釈に対して
どんな手段をとるのか

 

答えを出すな
思考を深めよう


※撮影時、一人が不在でした(笑)

答えはない

思考を深めるために
発言し
考え
行動する

この繰り返しでしかない

 

事を動かせば
何かが起こる

現象?
原因?

困難がある事で
自分の成長基準が明確になる


※撮影時、一人が不在でした(笑)

人は
成長をやめたら
過去しか残らない

過去で生きていくのか
未来を生きていくのかは
自由である

 

日本からだワーク協会は
常に未来に向かって
コトを動かしていきます

困難は普通
誤解も普通
離れていくのも普通

全て
普通

重要なのは
未来に向かうというコト

チームとは
個々の成長意識の集団である

成長意識をもつためにも
困難は必要である

困難に立つ向かうのではなく

成長するためにも、困難は栄養です

特に栄養の高い困難が必要です(笑)
何故ならば
その分成長ができる

協会の未来が楽しみです