「言葉のこと」カテゴリーアーカイブ

言葉のこと

言葉の時代

言葉には種類があり
その種類を全て取得できなくても
かなりの武器になる

『からだが学ぶ』

多くの言葉を知っていれば
良いのかもしれない

しかし
多くの言葉を知る人は
多くない(笑)

誰に対して
何のための
言葉なのか

誰に対して
何のための
文字なのか

『こころ動く』

通常考えたら

『からだが学ぶ』
こういった表現はおかしな表現である

しかし
この言葉には
意味がある

からだの機能性
からだの性質

こういった事は
一般の方々には
意識されないし
知る事が少ない

からだが
自然と学び

それが
日常の習慣になる

いい事も
良くない事も

からだは
自然と
学んでいく

こういった意味で
『からだが学ぶ』

 

言葉を考えよう

その言葉で
変わっていく

 

言葉を鍛えよう!

 

言葉があるだけで
その行動に意味が出てくる

 

からだが学ぶ
こころ動く
からだとこころを健康未来に届ける

からだバー®EX

■□■□■□■□■□■□
講習会はこちらからどうぞ!
からだバー®講習会開催中
■□■□■□■□■□■□

仕事は見方(味方)

『自由は責任とセット』

好きな仕事をする
そこに責任はあるのでしょうか

仕事が味方になるまでに
仕事の見方が必要

楽しい仕事だけでは
単なるレジャーであり
趣味の世界である

ダントツ!

=============
『仕事は楽しくないといけない』
と言う人は間違っている
=============

楽しく
仕事をしよう
とか
楽しい
とか
思った事はない

仕事は
楽しいから
すること
でもない

1行を見つける行為

人生は『1本の線』から動き出す

言葉の力は偉大である
言葉で人が動く
言葉で人が考える
言葉で人が悩む

言葉が得意な人は
ほぼいない

言葉を探す
たったひとつの言葉を
見つける為に
時間をかける

 

 

 

魔法のコンパス

『情報そのものには価値がない
その情報に”お金を払うこと”に価値がある』

フィットネスインストラクターの役割は
グループレッスンをするだけではありません

トレーナーの役割は
パーソナルをするだけではありません

どう定義するのか
この定義づけで
発想
行動
成果
全てが変わる
カタチ(手段)は様々
本質はひとつ